nuruhito

塗り替え作業をしているのを見た元請けの担当者の話。。。

「こんなにちゃちゃっとスムーズに簡単に養生して塗装して、あっという間に終わるんだねぇ。予算が厳しいからそれなら、もっと安い金額でもいいよねぇ?」

なんてむちゃくちゃな理論を振りかざす担当者。。。

「そんなに安くなったら施工できませんよ~。しかもその金額にしたら職人は誰もやらないですよ。予算を気にするならご自分で塗った方がいいんじゃないですか?」

と言ってみた。すると。。。

「この仕事は俺にはできないよ~」

と。。。あきれ顔をして苦笑してた。。。

さらに、私は、

「今はDIYする人も沢山いますし、ネットや動画などを参考にしつつ練習したら自分でできるようになりますよ。そうすれば経費も浮かせられていいじゃないですか!」

と伝えてみた。

「調べたり練習したりって簡単に言うけど、作業ができるようになるまで時間と手間と労力とお金がどれほど掛かると思ってるんだ!そんな非現実的な事言わないで、ちゃちゃっとやってくれてもいいじゃないの」

と担当者は真剣な表情で回答してくれました。

言葉はもう出てきません。。。

あなたが言う「その時間と手間と労力と資金を掛けて」この瞬間の作業を一生懸命やっている私には「簡単」だの「安くできる」だのと無茶な事は言うのに。。。

職人が「仕事を簡単にやる」
それはそこまでに時間やお金や労力をかけてやってきた「結果」なのに。。。。
その時に使った時間だけで判断してしまうとはばかげた話ですよね。

塗装だけでなく「職人」と言われる人や業種には多く聞かれる話だと思います。

手に職を持った人には、こういう「あるある」話がまだまだ沢山あるものです。